サービスの違いを知って選ぼう

笑顔いっぱい新しい第二のマイホーム

2つの有料老人ホームの違い

車いす

介護付きどうかで変わる

老人ホームは介護付有料老人ホームと在宅型有料老人ホームの2つに分かれます。この2つの違いを大きく分けると、介護サービスが付くか否かと、入居条件やその費用の違いです。

介護スッタフのいる老人ホーム

有料老人ホームで介護付きになる場合は、老人ホームのスッタフから介護サービスを受けることが可能になります。1人では不安な要素がある場合でしたら、こちらの介護付有料老人ホームをすすめます。介護サービスがある老人ホームは、広島市にもあります。

在宅老人ホームの特徴

在宅型有料老人ホームは、自分で出来る範囲内は自分で行いたい人向けです。介護付老人ホームとの違いは在宅型には、介護スタッフが居ないことです。そのため、介護やお手伝いが必要な場合は個人で外部のサービスを契約して利用する形になります。

入居条件など

介護付ホームの場合は施設により入居条件は異なりますが、介護付きホームは65歳からです。在宅型ホームは60歳から入居可能です。そのため、基本的に介護を必要としていなくて、自立ができる方が多いです。

費用の違いについて

有料老人ホームの費用についても違いがあります。介護付きになると、ホームの利用料と介護保険が適用される介護サービス料が発生します。在宅型は基本的にホームの利用料のみです。しかし、外部での介護サービスを受けた場合は別途で料金がかかります。

【PR】
介護付有料老人ホームを探すなら広島市で決まり。
快適に過ごせる設備が充実。

大切な家族を預ける

有料老人ホームを選ぶなら、自分の希望するサービスがあるかどうかで決めていくとわかりやすいです。自分の大切な家族をみてもらうのですから、安心して任せられるホームを選びましょう。

確認と検討が重要

入居される方によって、求めるサービスは様々です。そのため、入居にあたってメリットとデメリットを理解して選択することが重要です。要介護度が高いなら、医療ケアの行き届いた場所が向いています。要介護にかからない自立されている方は、在宅型ホームが良いでしょう。

広告募集中