早めの行動が大事です

男女

入居までの流れを知っておこう

老人ホームの施設に入居するのは、とても時間のがかかるものです。見学をするにはスケジュール調整もあり、入居の引越しなどがあるので早めの行動がポイントになります。そのために、体験入居までの主な流れを説明していきます。

入居の流れ

介護

問い合わせする

入居したい老人ホーム施設などが見つかったら、早めに見学することを勧めます。入居までに遅くて約2か月かかる場合もあるので、それを見越した計画が必要です。まずはパンフレットなどの資料請求や電話で問い合わせしてみましょう。介護付有料老人ホームは広島市にもあります。

資料が届いたら

資料請求などを行う際に、施設担当者から入居する方の生活レベルの確認や予算相談等をすることがあります。資料をよく調べて、入居者の希望にあった施設かしっかり確認していきましょう。

見学の申し込み

入居希望の有料老人ホームが見つかったら、すぐに見学の申し込みをしましょう。見学には事前の予約が必要です。何故なら、施設案内はスタッフが行っているのでスケジュール調整が必要になります。

体験入居の流れ

見学を経て、次の段階は体験入居になります。数日間を寝泊まりをしてみて、日常生活のしやすさを確認しておきましょう。自分に合っているのであれば、そのまま入居手続きになります。体験入居では健康診断書が必要になるので、早めに受診して準備が必要です。

広告募集中